Q&Aでオーガニックを知ろう!


Q オーガニックの意味はなにか?


オーガニックは、有機と同じ意味です。


農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。


オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。



Qオーガニックの目的はなにか?



A多くの人は「化学農薬や化成肥料を使わないで、食品の安全性を高めること」と答えるでしょうか? 

しかし残念ながら、食品の安全性というのは、オーガニックの目的ではなく結果に過ぎないのです。


オーガニックに何を求めるか? それは人それそれ、「安全」「健康」「美味しい」「綺麗」などなど、どのように考えてもいい。でも忘れてならないのは、私たち人間は微生物や植物がいなければ生きていけないという事実です。


微生物が自然界にある有機物を分解し、それを植物が吸収して育ち、光合成で栄養を作る。私たち人間を始めとする動物はそれを食べて生きている。土の中でも、水の中でも、地球上の生命はすべて食物連鎖でつながっています。

つまり、私たち人間が末永く健康であろうと願えば、微生物や植物の生存環境(汚染のない水・大気・土)を考えないわけにはいかないのです。


ゆえにオーガニックは、化学農薬・化成肥料、そして環境ホルモンや遺伝子組み換え技術を避けて、自然のままの健全な食物連鎖を目指すのです。



Qオーガニックは安全?危険?



Aことさらに、オーガニック食品は「安全」とアピールする人が多いから、こういう質問がでてくるのでしょうか?


結論を先に言えば、オーガニック食品は一般の食品より安全です。


正確を期せば、「安全性が高い」あるいは「危害リスクが低い」と言うべきなのでしょうが、敢えて一般の食品と比べた場合には、安全だと言い切ってしまいます。


食品の安全は、3つの危害要因(異物などの物理的危害、菌類などの生物的危害、農薬や重金属等による化学的危害)が一定以下に抑えられているときに実現します。

このうち、物理的危害と生物的危害は、食品衛生法の下ですべての食品の安全性が担保されており、オーガニックが特別すぐれているわけではありません。しかし、化学的危害リスクは明確に異なります。


オーガニックは、田畑で使う資材をはじめ、加工食品の添加物についても、可能な限り化学的なものを排除していますから、化学的危害リスクは一般の食品に比べて極めて低くなっているのです。


そうは言っても、オーガニックは「化学物質不検出」を保証するものではありません。

そもそも危害リスクが皆無の食品など存在しません。

あくまでオーガニックと一般食品の化学的危害リスクを比較した場合に「安全」ということです。


というわけで、オーガニック=ゼロリスクは、過剰な期待といえるでしょう。



Qオーガニックは美味しいか?




Aオーガニック食品の購入動機に関する消費者調査では、「美味しいから」というのが多い。

また、学校給食の分野では、野菜嫌いの子供がオーガニックなら喜んで食べるという例が数多く報告されています。

よって、一般論としては「オーガニック食品は美味しい」と言えるでしょうが、個々のケースで必ず美味しいかというと、それはなかなか断言し辛いですね。



家庭菜園で野菜を作った経験のある方なら実感できると思いますが、同じ畑で作った同じ品種の野菜でも、タネを蒔いた日やちょっとした条件の違いで、一つ一つ微妙に味が違う。また、収穫後の保管方法によっても味には違いが出ます。

例えばトマト。

遠距離流通する場合は、赤く熟す前に収穫して出荷します。これは、スーパーの店頭に並ぶときに、熟しすぎてしまうのを防ぐためです。

本当に美味しいトマトを食べたいと思えば、畑で真っ赤に熟したものをその場で頂けば良い。しかし、都会ではなかなか難しいですからね。



一ついえることは、オーガニック食品は自然に近い味がする。

これは、家庭菜園をオーガニックでやってみれば誰でも実感できるはずです。

畑がなくても、プランターで作れる野菜もたくさんあります(トマトは比較的カンタンです)。庭やベランダでぜひ試してみてください。


オーガニック食品は栄養価も優れている?


一部の野菜を対象にした分析実験で、オーガニックが一般品に比べてビタミンやミネラルが豊富に含まれるというデータはあります。


しかし、すべてのオーガニック食品が栄養価に優れていると結論するためには、もう少しデータの蓄積が必要だと感じます。いずれでも、穀類、野菜、果物といった品目ごとに、また季節や産地ごとに比較分析をしてみたいと思っています。


個人的には、一般栽培で農薬や化学肥料を多めに使う品目、例えば穀類ならコメ、野菜ならゴボウ、果物ならナシやモモなどは、オーガニックと一般品の栄養価に大きな違いが現れると思っています。


Qオーガニックとナチュラルの違いは?



Aオーガニックとナチュラルは少し違います。


分かりやすく言えば、オーガニックは人為的な生産や生活の方法であり、ナチュラルは天然物・自然物そのものを指します。



例えば栗。

栽培期間中に肥料やその他の人為的管理をしていればオーガニックの範疇、何もしないで落ちた栗の実を拾うだけならナチュラルです(自然採集物も有機農産物としてオーガニック認定は可能)。

また魚でいえば、養殖ハマチはオーガニックになり得ますが、海で獲れたハマチはナチュラルでありオーガニック認定にはなりません。


このように、オーガニックとナチュラルは人為的活動によるものかどうかで区別されます。

細かい話をすれば、土を耕すのも、種を蒔くのも、草を取るのもオーガニックの範疇です。


「では、自然栽培とはなんなの?」という声が聞こえてきそうですが、一口に自然栽培といっても色々な方法があり単純ではありません。

が、その多くは、「自然の摂理を模倣した人為的栽培」と表現できるので、上記で示した定義でいえばオーガニックの範疇と言えそうです。



Qオーガニックが目指しているのは……?



Aオーガニックは、自然と人間の調和を目指す。


そのために、物質の循環を一番に考え、日々の活動を行う。

安全とか危険という前に、循環できないものは避ける――それが基本の考え方。


実は、とってもシンプルなのである。











                                         本文はjonaより引用したものである



本网站由阿里云提供云计算及安全服务 Powered by CloudDream