wechat pay 国際クレジットカードによる認証方法(2017年10月13日時点)


現在、wechatでは、実名認証が必要です。日本人で中国の銀行カードをお持ちでなく、実名認証されていない方は、支払い、紅包、送金の機能は、使用できません。外国人の認証・支払(同時)には、中国の銀行が必須ですが、本人確認だけは、国際クレジットカード(VISA、JCB、MASTER)で出来ます。


認証は、本人の実名確認が出来れば、認証されますので、国際クレジットカード(VISA、JCB、MASTER)による認証方法を説明致します。


先ず、認証と支払いは、別物で扱われます。認証には、国際クレジットカード(VISA、JCB、MASTER)を使用できますが、支払いは出来ません。あくまでも本人確認のためのものです。先に、本人、マイウォレット、バンクカード、追加で、名前、住所すべてローマ字で入力、電話番号は、8190・・・等81ゼロをとったカードの日本の電話、カード裏面のセキュリティ3か4桁を入力します。認証されれば、紅包や送金が受け取れ、その金額内での支払いも出来ます。


この時、中国の銀行カードで先に認証されていると、完全にそれと一致しないとクレジットカードは追加できません。

電話番号、名前等、一致しない場合が多いので、認証されている方は、クレジットカード登録は不要です。また、逆の場合も同様です。その場合は、いったん削除しないとなりません。(再認証)


入金は、ご家族やお友達に、送金していただいて、その範囲内でお買い物が出来るようになります。但し、送金には金額の上限値がありますので、ご注意願います。また、今後、中国で生活していく上では、wechat payは、非常に便利ですので、お時間あれば、中国の口座を作ることを推奨いたします。口座開設には、パスポート、中国の携帯、ビザ、住居登録表(不要の場合も有る)があれば、簡単に出来ます。銀行窓口によっては、各残り期間の違いはありますが、弊社のお客様であれば問題ないと思います。この場合、インターネットバンクでと、申し付ければ、トークンと携帯のセットもしてくれると思います。お店の混み具合と思いますので、空いている時間帯が良いと思います。(ほとんど人は、カードのみで、通帳は貰いません。)


以上、ご参考にしていただければ幸いです。


2017年10月14日

wechat クレジットカードによる認証

添加时间:

本网站由阿里云提供云计算及安全服务 Powered by CloudDream